こんにちは!留学アシスタントのページをご覧くださりありがとうございます!

留学ってかっこいいけど、実際クラスも生活も全て英語でついていけるか心配ってことありませんか?

ご安心ください!

BYUには様々なところで徹底的なサポートがあるので、それらを上手く利用すれば必ずやっていけます!

1.メンタープログラム

BYUにはメンタープログラムといって、初めの1年間は留学生一人一人に上級生のメンターが割り当てられます。

メンターには、クラスについての相談から大学生活、将来の進路についてまで何でも相談することができます。

メンターたちは親身になって助けてくれます。

初めてのアメリカでの大学生活で分からないことがあっても、常に身近に質問できる存在がいるのは心強いです。

2.ライティングセンター

学生といえば、レポートに追われる日々。留学すればレポートも全てが英語です。

アカデミックな大学レベルのものに仕上げるためには、どうしてもネイティブの助けが必要です。

BYUにはキャンパスの2か所にライティングセンターがあり、常備しているチューターが添削を助けてくれます。

1回15分から30分で、予約をすることもいきなり訪れることも可能です。

何度も何度もこのライティングセンターを利用することによって、文法ミスの心配をする必要もなくライティングの力を伸ばしていくことができます。

3.キャリアセンター

専攻や将来のキャリアに迷ったら、BYUのキャリアセンターにはプロフェッショナルのアドバイザーたちがいます。

100以上あるBYUの専攻を知り尽くす彼らは、あなたにぴったりの道を見つける助けをしてくれます。

様々なキャリアについてのセミナーも開催されており、自分で手を伸ばしさえすればたくさんの機会に巡り合えます。

BYUは大学生活だけでなく、生涯にわたって成功するための素晴らしいサポートが揃っています。

4.インターナショナル・スチューデント・サービス

インターナショナル・スチューデント・サービスは留学生専門のオフィスで、留学生のビザやパスポートなど政府の書類の面で徹底的にサポートしてくれます。

アルバイトやOPT、税金の手続きなどの際、ややこしいペーパーワークがたくさんあります。

しかし、ここインターナショナル・スチューデント・サービスで、留学生の事情に詳しいプロのワーカーたちが、どんな質問にも答えて留学生がアメリカの地で安全に暮らせるようにサポートしてくれます。

5.教授たち

BYUの教授たちは本当に生徒想いで熱心な教授ばかりです。

アメリカの文化では質問することはとても大切で、教授たちはどんな質問でも大歓迎です。クラスの直後に教授に直接授業の内容について質問しに行ったり、教授のオフィスを訪れて一対一で成績について話す等がいつでもできます。

教授と親しい関係を持つことは、留学成功の秘訣です。

その他にもBYUでは様々なイベントやプログラムがあり、学生を徹底的にサポートしてくれます。

手を伸ばせばそこには助けがあるので、不安な初めての留学生活でも安心を得ることができます。


いかがでしたか?生徒想いのBYUで留学生活を実りあるものにしたいですね!