こんにちは!

留学アシスタントのページをご覧くださりありがとうございます!

今回は、交換留学とアメリカ大学進学の違いについてのお話です。

留学したい!と漠然と考えている人はたくさんいると思いますが、留学にも様々なタイプがあります。

大きく分けて、交換留学とアメリカ大学進学です。

交換留学は、日本の大学受験を経て日本の大学に在学している生徒が、大学のプログラムを通して海外の大学で少しの間勉強することです。

一般的に期間は3か月~1年間で、大学同士が提携している姉妹校に進学選択肢が限られます。

各プログラムによって条件は違いますが、留学中に海外の大学で取得した単位を日本の大学に移すことも可能です。

多くの場合、交換留学生は在学生とは少し違う特別な対応を受けます。

例えば、受けるクラスやプロブラムが全て決められていたり、交換留学生のみの英語を第二言語とする生徒たち向けのクラスで学んだりします。

いくつかは、アメリカ人と混ざったクラスが体験できます。

 

メリット

・ややこしいペーパーワークを多くは大学側が受け持ってくれる

・自分のレベルに合わせて無理なく授業についていける

・短期で留学を希望で尚且つ卒業を伸ばしたくない人にはもってこい

 

デメリット

・1年以内の留学での英語力向上には限界がある(個人の努力次第ですが、数か月の留学では英語の飛躍的向上は望みにくいです)

・交換留学生同士で固まってしまう傾向がある

・フルでアメリカ大学システムの恩恵を受けられない


もう一つの留学の仕方は、直接アメリカの大学に進学することです。

TOEFLiBTのスコア、高校の成績、エッセー、場合によってはACT/SATのスコアが申請の際に必要です。

入学審査の時は留学生枠で審査されますが、合格して大学に入ればアメリカ人とほぼ同じ対応を受けます。

アメリカの大学では途中で専攻を簡単に変られるので、勉強していく中で気が変わっても柔軟に進路修正ができます。

多くのアメリカの会社が大学に学生をリクルートしに来るので、将来海外で働きたい人には日本で就職活動するより断然に機会があります。

 

メリット

・真に英語をツールとして英語でスキルを身に着けられる

・アメリカでの就職への可能性が大幅に上がる

・培った経験やスキルが日本の就職にも強い武器となる

 

デメリット

・多くの勉強時間が要される

・コストがかかる


いかがでしたか?

自分のスタイルに合った留学の仕方で夢を叶えたいですね。

留学のデメリットの一つである費用についてですが、その問題を克服したのがBYUです。

驚くほどの安さで留学を可能にします。

ぜひBYUであなたにぴったりの留学を見つけてください!