皆さんこんにちは!

留学アシスタントのページをご覧くださりありがとうございます!

今回は、びっくりするほどお得なアメリカでの運転免許取得についてご紹介します。

運転免許って取るのが高いし時間がかかるイメージがありますよね。

日本で免許を取るには合宿または教習所への通学が必要で、最低でも20万円はかかります。

土地が広くどこへでも車で移動することが主要なアメリカでは、州により運転に関する法律は少し違うもののほとんどの州で15歳から仮免許を、16歳から本免許取得可能です。

高校で運転のクラスがあり教習所のようにそこで練習することができます。BYUのあるユタ州では留学生はどのように免許取得ができるのでしょうか?

日本で既に免許を取得している場合

1.必要な資料(パスポート、ソーシャルセキュリティー番号、I-20等)を提出

2.視力検査

3.筆記試験と実技試験

4.$25(21歳以上)または$30(20歳以下)の費用を払う

筆記試験は、ハンドブックに書いてあることから50問の選択問題がすべてコンピューター上で出題され、内40問正解すると合格となります。

費用はたったの25ドル、日本円で約2.800円です!

初めて免許を取得する場合

1.必要な資料(パスポート、ソーシャルセキュリティー番号、I-20等)を提出

2.視力検査

3.筆記試験$15

4.実技試験$30

 

筆記試験に合格すると仮免許がもらえます。

21歳以上であれば運転のクラスを取る必要はなく、友達の車を借りて練習するなどをします。

少し不安でクラスを取りたい場合でも、お値段は約$200、日本円で約22,000円です!

実技試験では、練習しなれた車でテストを受けることができます。

日本に比べるとアメリカの道は広く運転がしやすいです。


いかがでしたか?留学生でも簡単に免許が取得できるシステムで、お得に運転免許を取りたいですね!