こんにちは!

留学アシスタントのページをご覧くださりありがとうございます!

今回は、留学に必須なビザについてのお話です。

留学するには誰もが通るビザ取得への道、徹底解説します!

 

①ビザって何?

ビザとは、日本語では査証と呼ばれ、日本の国籍を持つ人が外国へ入る時に、「この人はあなたの国に入る資格を持っています」ということを証明する書類です。

BYUが位置するアメリカへ留学する場合には、アメリカ大使館に「学生ビザ」を申請し、あなたがアメリカで勉強する意志を持っていることを大使館から証明してもらわなくてはなりません。

アメリカのビザにはたくさんの種類がありますが、一般的な留学に必要なビザは"F-1ビザ"と呼ばれるもの。留学先が大学の場合は「1学期に12単位以上取得する」こと、語学学校の場合は「週18時間以上授業を受ける」ことが条件です。

②ビザの取得の流れ

流れとしては、まずビザ取得に必要な書類をそろえること、そして大使館での面接を受けることに分けられます。

1、書類を揃える

この時かかる費用は以下の通りです。

(今回は、個人で手続きを行った場合の費用をご紹介します!)

・入学許可証 学校によって200ドル前後

・ビザ申請費用 160ドル

・SEVIS費用 200ドル

このほかにも、これからパスポートを取得する人は5年間有効: 11000円、10年間有効: 16000円の費用がかかります。また雑費として、証明写真の撮影費用や、英文残高証明書の発行手数料もかかるでしょう。

また上記以外の必要書類として、DS-160というものがあります。

この書類はアメリカ大使館のサイト上でオンラインで作成します。

2、大使館での面接

必要書類が揃ったら、アメリカ大使館での面接を予約します。

面接当日の流れについては、在米大使館が詳細を解説したビデオを作成しているので、そちらを参考にしてみてください!

面接が終了したら、ビザが手元に届くのを待ちましょう。

発行されるかどうかは面接当日にその場で言い渡されます。

通常は1週間前後くらいで手に入れられるようですね。


いかがでしたか?ビザ取得へのイメージはついたでしょうか?

仕組みを十分に理解して、万全の体制で手続きに臨みたいですね