皆さんこんにちは!
 
留学アシスタントのページをご覧くださりありがとうございます!
 
インターンシップとは聞いたことがありますか?
 
日本の学生の間でも最近よく行われるようになってきています。
 
インターンシップとは、学生の間に数日から数か月間実際に企業で働いてみるお仕事体験のようなものです。学生はこのインターンシップを上手く利用することで、経験を積み、また卒業後に就職したい企業を探します。
 

インターンシップの利点

ずばり経験です。
 
学生のうちに実際に企業で働く経験を積むことで、スキルや知識を身に着けることが出来ます。
 
そのスキルや知識があることで、就活がより有利に進みます。企業側も、全く働いた経験のない学生より、働いた経験のある学生を採用したいのです。
 
またインターンシップをすることで、お金を貯めることもできます。
 
数日だけの給料が出ないインターンも存在しますが、ほとんどのインターンといえば数週間続きお給料も支払われます。
 

インターンシップをする時期

アメリカではほとんどの学生が夏にインターンシップを経験します。
 
多くの場合、夏に学校の休みをとりインターンシップをします。多くの企業は夏にインターンシップを雇っていますが、企業やポジションによっては秋や冬に行われるインターンも存在します。
 

インターンシップの探し方

インターンシップの獲得方法は様々です。
 
企業のウエブサイトから直接応募するやり方と、キャリアイベントや大学に企業がリクルートをしに来た際に申し込むやり方があります。
 
どちらも初めは履歴書などの書類審査があり、それに通れば次に面接があります。
 
採用のプロセスは企業によって少しずつ異なりますが、いずれにせよ、インターンを取るには多くの準備と面接等の練習が必要です。
 

いかがでしたか?

インターンシップの目的や概要が分かりましたか?

インターンシップは就活する上でも大変重要視されるものです。

是非インターンシップを視野に入れて学生生活を計画してみましょう!